外資系のワークスタイル

外資系企業ではワークスタイルに特徴があります。どのような形で仕事に携わっていくことができるのでしょうか。ワークスタイルの選択肢の広さを考慮して、転職先として候補にするかどうかを決められるようになりましょう。

リモートワークの導入が進んでいる

自宅でも働けるメリットとは

通勤が必要なときにも環境が違う

外資系ではフレックスタイム制が多い

企業で働く上では通勤が必要というケースが多く、決まった時間にオフィスに行かなければならないのが一般的です。外資系企業でもオフィスワークを基本としていて通勤しなければならないことがほとんどですが、それでも通勤環境にはかなりの違いが生じます。外資系企業ではフレックスタイム制を導入しているケースが多いからです。一般的な通勤時間を回避して、オフピークでの通勤が可能なのが魅力でしょう。早朝に出社して早めに帰れるようにしたり、昼近くなってから出勤して夜遅くに退社したりすることができます。特に電車を使うときには満員電車で疲れを助長してしまうことはよくありますが、フレックスタイム制が敷かれていることで負担を軽減できるのです。

テレワークの導入事例も多い

外資系企業ではテレワークを導入しているケースも多々あります。完全に自宅勤務できるシステムになっていることもありますが、定期的に通勤しなければならない場合も少なくはありません。それでも週に一回程度通勤すれば良いということもあり、さらに出社しなければならない時間もミーティングをする時間帯だけというケースもよくあります。ミーティングの時間だけ出社すれば良いという場合にはオフピーク通勤ができるので体力的な負担はかなり少なくて済みます。通勤によるストレスを軽減するという意味ではテレワークが多かれ少なかれ運用されているメリットは大きいでしょう。外資系企業ではこのように従業員の負担を考慮した制度を導入しているのが一般的です。

経理の転職でキャリアアップ

経理の転職は、収入を今よりもアップさせたい、新しいことに挑戦したい、簿記やFASSの資格を活かしたいなどの願望を叶えるための手段です。

外資系の効率主義

外資系企業で働くのには高いやりがいがあるという人も大勢います。その根底にあるのは効率主義の考え方ですが、どのようなメリットをもたらしているのでしょうか。具体例に基づいて魅力的なポイントを考えてみましょう。

フレックスタイム制の導入例

外資系企業ではフレックスタイム制を導入しているケースが多くなっています。コアタイムが設定されているものの、朝や夜の勤務時間を希望に応じて変えられるのが特徴で、業務効率化を目的として導入しているのが…

成果に応じた報酬体系がある例

外資系企業では成果に応じて報酬が与えられる体系が整っていることがほとんどです。成果主義を浸透させるためには、成果を上げたら報酬がもらえるという認識を従業員に持ってもらわなければならないからです。そ…

業務効率を上げるためのシステムが整っている例

外資系企業では業務システムを導入している事例が多くなっています。特に総務や人事の負担を軽減して人材を削減するのが目的となっていて、さらに適正な管理を行える仕組みも作り上げられているのが一般的です。…