業務効率を上げるためのシステムが整っている例

業務システムの導入例は多い

外資系企業では業務システムを導入している事例が多くなっています。特に総務や人事の負担を軽減して人材を削減するのが目的となっていて、さらに適正な管理を行える仕組みも作り上げられているのが一般的です。勤怠管理、経費精算、会計の三つを統合したシステムを導入していることが多く、給与計算が滞りなくシステム上で行えるようになっています。経費については自動仕訳機能も充実していて、従業員が行うのは主に監査だけになっているのが通例です。勤怠管理についても打刻のためにタイムカードを切る必要がなく、入館やシステムへのログインだけで入退社の管理ができるようになっています。また、人材管理システムの導入を進めている現場も少なくありません。

コミュニケーションツールの導入例もよく見られる

業務効率化のためにITを活用する事例として、コミュニケーションツールの導入例も多くなっています。外資系企業では世界各国に拠点を持っていることも珍しくありません。また、テレワークを導入していて、必ずしも職場にスタッフが全員いるとは限らない現場もよくあります。このような状況下で社員同士のコミュニケーションを促進するためにITが活用されています。メールだけでなくテレビ電話などで連絡を取り合えるようになっているだけでなく、サーバー上で共同作業を行えるツールなどもあり、効率的に仕事を行えるようになっているのが特徴です。外資系では実力主義の傾向が強いものの、コミュニケーションによってより成果を上げやすくすることも求められています。