リモートワークの導入が進んでいる

能力のある人は自宅に居ながら仕事ができる

外資系転職に関心があるときには、それぞれの企業の従業員のワークスタイルについて具体的に調べておくことが重要です。例えば、大手のメーカーやITなどの業界の外資系企業の中には、一定の条件を満たす従業員を対象にリモートワークを認めているところが多くあります。そのため、なるべく自宅に居ながら仕事をしたい場合には、リモートワークが浸透している外資系企業の就職説明会に参加をしたり、長く在宅勤務を選択している現役の従業員から話を聞いたりすることがおすすめです。また、リモートワークを担当するために必要となるスキルや経験については、企業の方針や事業内容によって大きな違いがあるため、早めに情報収集を始めることが大切です。

正社員以外の雇用形態を選べる外資系企業も増えている

外資系企業に転職をして主にリモートワークに取り組むためには、最低限のITスキルや特定の職種の実務経験が必要とされます。一般的に、正社員として外資系転職をするには、過去の成果やコミュニケーションスキルなどが厳しくチェックされるため、若手の求職者は内定が出るまでに時間が掛かることがあります。そこで、契約社員やパートタイムなどの雇用形態でリモートワークを担当した後に正社員にステップアップできるシステムが採用されている外資系企業を探してみることがおすすめです。最近では、様々な角度からリモートワークの評価を行っている外資系企業が少なくないため、求人選びの段階からじっくりと将来に繋がる企業を見極めましょう。